トップ過去問一覧応用情報技術者 平成20年・秋 > 問10
問10

節点の集合が{1,2,…,n }である木を表現するために、大きさn の整数型配列A[1]、A[2]、…、A[n ]を用意して、節点i の親の節点をA[i ]に格納する。節点k が根の場合はA[k]=0とする。表に示す配列が表す木の葉の数は、幾つか。

○正解
×不正解

1

3

5

7

解説

A[i]には親の節点が入っています。A[i]に含まれない節点は、親ではない、つまり子を持たない、すなわち末端の葉であると言えます。したがって、節点1~8のうち、A[i]に含まれていない2、4、6、7、8の5つの節点が葉です。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。