トップ過去問一覧応用情報技術者 平成20年・秋 > 問24
問24

スケジューリング方式をプリエンプティブな処理とノンプリエンプティブな処理に区分するとき、適切に分類されている組合せはどれか。

○正解
×不正解

プリエンプティブ:処理時間順、ノンプリエンプティブ:残り処理時間順

プリエンプティブ:到着順、ノンプリエンプティブ:処理時間順

プリエンプティブ:残り処理時間順、ノンプリエンプティブ:ラウンドロビン

プリエンプティブ:ラウンドロビン、ノンプリエンプティブ:到着順

解説

プリエンプティブなスケジューリング方式では、OSがどのタスクを実行するか制御します。OSは一定間隔で実行するタスクを切り替えながら、各タスクを少しずつ順番に実行していきます(ラウンドロビン)。

 

一方、ノンプリエンプティブなスケジューリング方式では、OSがどのタスクを実行するか制御しません。OSが強制的にタスクを切替えることをしないため、到着順での実行となります。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。