トップ過去問一覧応用情報技術者 平成20年・秋 > 問26
問26

主記憶割当てのアルゴリズムが最初適合(first fit)である可変区画方式において、次の条件で領域を要求した場合、割り当てた後の空き領域のリストはどのようになるか。ここで、領域の大きさの単位はkバイトである。

 

[条件]

 (1)現在の空き領域のリストは200、100、160、140、130である。

 (2)要求する大きさは、順に90、130、140、100である。

 (3)要求する大きさを上回る空き領域を確保したときは、余った領域を、リストの最後に追加する。

 (4)そのほかの条件は考慮しないものとする。

○正解
×不正解

100、110、30

130、110、30

160、110

200、10、60

解説

最初適合ということは、空き領域のリストを先頭から順に見ていき、最初に見つかった使えそうな領域を使用すれば良いです。

 

空き領域のリスト: 200100, 160, 140, 130

90を要求 → 200 - 90 = 110

空き領域のリスト: 100, 160, 140, 130, 110

130を要求 → 160 - 130 = 30

空き領域のリスト: 100, 140, 130, 110, 30

140を要求 → 140 - 140 = 0

空き領域のリスト: 100, 130, 110, 30

100を要求 → 100 - 100 = 0

空き領域のリスト: 130, 110, 30

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。