トップ過去問一覧応用情報技術者 平成20年・秋 > 問28
問28

マイクロカーネルアーキテクチャを採用したOSの特徴として、適切なものはどれか。

○正解
×不正解

OSが、最小限の機能をもつ中核部分と、それ以外のサプシステムからなる。

OS全体が単一スレッドとして構成されている。

OS内のモジュール間の依存関係が複雑に構成されている。

OSの基本的な部分がマイクロプログラムの組合せで構成されている。

解説

OSの中核部分をカーネルと呼びます。マイクロカーネルアーキテクチャでは、カーネルに最小限の機能を実装し、それ以外の機能はサブシステムとしてカーネルから分離します。これによりカーネルの構造をシンプルにできます。

 

マイクロカーネルと反対で、複雑な機能を実装したものをモノリシックカーネルといいます。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。