トップ過去問一覧応用情報技術者 平成20年・秋 > 問31
問31

スループットの説明として、適切なものはどれか。

○正解
×不正解

ジョブがシステムに投入されてからその結果が完全に得られるまでの経過時間のことであり、入出力の速度やオーバヘッド時間などに影響される。

ジョブの稼働率のことであり、"ジョブの稼働時間÷運用時間"で求められる。

ジョブの同時実行可能数のことであり、使用されるシステムの資源によって上限が決まる。

単位時間当たりのジョブの処理件数のことであり、スプーリングはスループットの向上に役立つ。

解説

スプーリングによって、CPUがプリンタ等の低速なデバイスから解放されます。CPUはその分別の処理ができるので、スループットの向上に役立ちます。

 

>ジョブがシステムに投入されてからその結果が完全に得られるまでの経過時間のことであり、入出力の速度やオーバヘッド時間などに影響される。

ターンアラウンドタイム の説明です。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。