トップ過去問一覧応用情報技術者 平成20年・秋 > 問32
問32

ページング方式の仮想記憶において、主記憶への1回のアクセス時間が300ナノ秒で、主記憶アクセス100万回に1回の割合でページフォールトが発生し、ページフォールト1回当たり200ミリ秒のオーバヘッドを伴うコンピュータがある。主記憶の平均アクセス時間を短縮させる改善策を、効果の高い順に並べたものはどれか。

 

[改善策]
a 主記憶の1回のアクセス時間はそのままで、ページフォールト発生時の1回当たりのオーバヘッド時間を1/5に短縮する。
b 主記憶の1回のアクセス時間を1/4に短縮する。ただし、ページフォールトの発生率は1.2倍となる。
c 主記憶の1回のアクセス時間を1/3に短縮する。この場合、ページフォールトの発生率は変化しない。
○正解
×不正解

a、b、c

a、c、b

b、a、c

c、b、a

解説

ページフォールトの発生率をpfとすると、 「主記憶の平均アクセス時間 = 主記憶のアクセス時間 × (1 - pf) + オーバヘッド時間 × pf 」です。

 

改善a

300×10-9×( 1 - 10-6) + 200×10-3÷5×10-6

= 300×10-9 - 300×10-15 + 40× 10-9

= 340×10-9 - 300×10-15 

= 約340ナノ秒

 

改善b

300÷4×10-9×( 1 - 1.2×10-6) + 200×10-3×1.2×10-6

= 75×10-9 - 360×10-15 + 240× 10-9

= 315×10-9 - 360×10-15 

= 約315ナノ秒

 

改善c

100×10-9×( 1 - 10-6) + 200×10-3×10-6

= 100×10-9 - 300×10-15 + 200× 10-9

= 300×10-9 - 300×10-15 

= 約300ナノ秒

 

※ 10-15の項は値が十分小さいの無視できます。

※ 問題的にはaとcの順さえ分かれば正解を選べるのでbの計算は省けます。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。