トップ過去問一覧応用情報技術者 平成20年・秋 > 問36
問36

一つのグローバルIPアドレスを使って複数のホストが同時にインターネットにアクセスできるようにする仕組みを何と呼ぶか。

○正解
×不正解

DHCP

IPマルチキャスト

NAPT

VPN

解説

NAPT (Network Address Port Translation)は、最近のブロードバンドルータ等に当たり前のように入っている機能です。いろいろ呼び方があって、Linuxでは”IPマスカレード”、シスコルータでは”PAT”と呼びます。

 

NAT (Network Address Translation)との違いも抑えておきましょう。単純なNATは、インターネットに同時接続するホストの数だけグローバルIPアドレスが必要になります。

 

>VPN

VPN (Virtual Private Network)は、仮想専用線です。仮想でない本物の専用線と比較して低コストで遠隔地のLAN同士を接続できます。VPNの種類には、インターネットを介してアクセスするインターネットVPN、通信事業者が所有するネットワークを介してアクセスするIP-VPNがあります。

 

>DHCP

DHCP (Dynamic Host Configuration Protocol) は、IPアドレス、DNSサーバ、デフォルトゲートウェイ等の設定情報を自動設定するためのプロトコルです。

 

>IPマルチキャスト

マルチキャストアドレスという特殊なアドレス宛にIPパケットを送信することで、複数のあて先に向けてパケットを送信できる技術です。送信側はマルチキャストアドレス宛に送信すればよいので、個々のあて先別に送信する必要がなくなり、ネットワーク負荷を軽減できます。利用には経路途中の全ルータの対応が必要です。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。