トップ過去問一覧応用情報技術者 平成20年・秋 > 問38
問38

リポジトリのチェックイン、チェックアウトを説明したものはどれか。

○正解
×不正解

セントラルリポジトリから分散リポジトリへのデータのコピーをチェックアウト、分散リポジトリによるセントラルリポジトリのデータの更新をチェックインと呼ぶ。

リポジトリシステムからのクロスリファレンスの出力をチェックアウト、クロスリファレンスによるデータの修正をチェックインと呼ぶ。

リポジトリシステム内のデータの整合性チェックを、データ登録時に実施することをチェックイン、データ登録後に実施することをチェックアウトと呼ぶ。

リポジトリシステムのバックアップ取得操作をチェックアウト、バックアップからのリカバリ操作をチェックインと呼ぶ。

解説

ファイルのバージョンを管理するバージョン管理システムには、集中型と分散型があります。この問題では分散型のバージョン管理システムについて問われています。

 

分散型のバージョン管理システムでは、中央リポジトリの下に複数の分散リポジトリがぶら下がるような構成になっています。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。