トップ過去問一覧応用情報技術者 平成20年・秋 > 問40
問40

DHTML(Dynamic HTML)は、動的なWebコンテンツを開発するために、HTMLを拡張したものである。追加された要素として、適切なものはどれか。

○正解
×不正解

CGI、 DOM、 XSL

DOM、スクリプト、スタイルシート

Java、 XML、スタイルシート

JavaScript、アプレット、サーブレット

解説

DHTMLはブラウザ(クライアント)側の技術ですので、サーバ側の技術は関係ありません。DHTMLでは、スクリプト言語(JavaScript)からDOMを介してHTMLやスタイルシートを動的に変更できます。DOM(Document Object Model)は、HTMLやXMLを操作するためのAPIです。

 

>CGI、 DOM、 XSL

CGIはサーバ側の技術になります。XSLはXMLの変換技術です。

 

>Java、 XML、スタイルシート

JavaとJavaScriptは別のプログラミング言語です。XMLはDHTMLの要素ではありません。

 

>JavaScript、アプレット、サーブレット

アプレットはJava言語によるクライアント技術です。サーブレットはJava言語によるサーバサイド技術です。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。