トップ過去問一覧応用情報技術者 平成20年・秋 > 問47
問47

UML 2.0における、稼働するコンポーネントを実行環境に割り付ける図はどれか。

○正解
×不正解

コミュニケーション図

コンポーネント図

配置図

ユースケース図

解説

配置図は、各コンポーネント(ソフトウェア部品)が動作する実行環境(サーバなど物理的なハードウェア)を表現するための図です。

 

>コミュニケーション図

クラス間のメッセージのやりとりに注目してシステムの動的な振る舞いを表現するための図です。UML1.xでは、コラボレーション図と呼ばれていました。

 

>ユースケース図

ユーザの観点から、利用できるシステム機能を表すための図です。

 

>コンポーネント図

ソフトウェアコンポーネント間の依存関係を表すための図です。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。