トップ過去問一覧応用情報技術者 平成20年・秋 > 問72
問72

公開鍵基盤とハッシュ関数を利用したメッセージのディジタル署名の手法はどれか。

○正解
×不正解

受信者は、送信者の公開鍵とハッシュ関数を用いてハッシュ符号を復号し、メッセージを得る。

受信者は、ハッシュ関数を用いてメッセージからハッシュ符号を生成し、送信者の公開鍵で復号したハッシュ符号と比較する。

送信者は、自分の公開鍵とハッシュ関数を用いてメッセージからハッシュ符号を生成し、メッセージとともに送信する。

送信者は、ハッシュ関数を用いて送信者の秘密鍵のハッシュ符号を生成し、メッセージとともに送信する。

解説

送信者は、ハッシュ関数を用いてメッセージからハッシュ符号を生成し、それを送信者の秘密鍵で暗号化したものをディジタル署名としてメッセージとともに送信します。受信者側でディジタル署名を検証する手順は、正解選択肢のとおりです。

 

>受信者は、送信者の公開鍵とハッシュ関数を用いてハッシュ符号を復号し、メッセージを得る。

ハッシュ関数は一方向性関数といって非可逆な関数です。よってハッシュ符号を復号してメッセージを得ることはできません。

 

>送信者は、自分の公開鍵とハッシュ関数を用いてメッセージからハッシュ符号を生成し、メッセージとともに送信する。

ハッシュ符号はハッシュ関数を用いて生成されます。公開鍵は関係ありません。

 

>送信者は、ハッシュ関数を用いて送信者の秘密鍵のハッシュ符号を生成し、メッセージとともに送信する。

メッセージからハッシュ符号を生成します。秘密鍵のハッシュ符号を生成しても意味ありません。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。