トップ過去問一覧応用情報技術者 平成20年・秋 > 問8
問8

逆ポーランド表記法で表された式を評価する場合、途中の結果を格納するためのスタックを用意し、式の項や演算子を左から右に順に入力し処理する。スタックが図の状態のとき、入力が演算子となった。このときに行われる演算はどれか。ここで、演算は中置表記法で記述するものとする。

 

○正解
×不正解

A 演算子 B

B 演算子 A

C 演算子 D

D 演算子 C

解説

スタックからCとDを取り出して演算子で結びます。問題なのはCとDのどっちを先にするかです。スタックは先入れ後出しのデータ構造です。Cの方がDよりもスタックの下にあることから、もとの逆ポーランド表記法の式は”CD演算子”であると分かります。よって、中置表記法では”C演算子D”になります。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。