トップ過去問一覧応用情報技術者 平成20年・秋 > 問9
問9

B木に関する記述として、適切なものはどれか。

○正解
×不正解

階層の深さが同じになるように、ノードの分割と併合を行う。

キー値からある関数によって、データの格納位置を求める。

先頭データからの順次アクセスだけが可能である。

登録簿とメンバに分かれ、メンバは順編成ファイルである。

解説

>キー値からある関数によって、データの格納位置を求める。

ハッシュテーブルの説明

 

>先頭データからの順次アクセスだけが可能である。

シーケンシャルファイル(順編成ファイル)の説明

 

>登録簿とメンバに分かれ、メンバは順編成ファイルである。

区分編成ファイルの説明

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。