トップ過去問一覧応用情報技術者 平成22年・秋 > 問16
問16

システムの信頼性向上技術に関する記述のうち,適切なものはどれか。

○正解
×不正解

故障が発生したときに,あらかじめ指定された安全な状態にシステムを保つことをフェールソフトという。

故障が発生したときに,あらかじめ指定されている縮小した範囲のサービスを提供することをフォールトマスキングという。

故障が発生したときに,その影響が誤りとなって外部に出ないように訂正することをフェールセーフという。

故障が発生したときに対処するのではなく,品質管理などを通じてシステム構成要素の信頼性を高めることをフォールトアボイダンスという。

解説

フォールトトレランス関係の問題は頻出です。それぞれの特徴を押さえた上で間違いと正解を探しましょう。

 

○ 故障が発生したときに対処するのではなく,品質管理などを通じてシステム構成要素の信頼性を高めることをフォールトアボイダンスという。

正解です。

 

× 故障が発生したときに,あらかじめ指定された安全な状態にシステムを保つことをフェールソフトという。

フェールセーフの説明です。

 

× 故障が発生したときに,あらかじめ指定されている縮小した範囲のサービスを提供することをフォールトマスキングという。

フェールソフトの説明です。

 

× 故障が発生したときに,その影響が誤りとなって外部に出ないように訂正することをフェールセーフという。

フォールトマスキングの説明です。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。