トップ過去問一覧応用情報技術者 平成22年・秋 > 問18
問18

五つのタスク A~E の優先度と,各タスクを単独で実行した場合の CPU と入出力装置 (I/O) の動作順序と処理時間は,表のとおりである。優先度”高”のタスク A と B~E のどのタスクを組み合わせれば,組み合わせたタスクが同時に実行を開始してから,両方のタスクの実行が終了するまでの間の CPU の遊休時間をゼロにできるか。ここで,I/O は競合せず,OS のオーバヘッドは無視できるものとする。また,表の( ) 内の数字は処理時間を示すものとする。

 

 

タスク

優先度

単独実行時の動作順序と処理時間(ミリ秒)

 

A

CPU(3) → I/O(3) → CPU(3) → I/O(3) → CPU(2)

○正解
×不正解

B

CPU(2) → I/O(5) → CPU(2) → I/O(2) → CPU(3)


C

CPU(3) → I/O(2) → CPU(2) → I/O(3) → CPU(2)


D

CPU(3) → I/O(2) → CPU(3) → I/O(1) → CPU(4)


E

CPU(3) → I/O(4) → CPU(2) → I/O(5) → CPU(2)


解説

優先度が指定されていることからタスク A が優先的に CPU を利用するということなのでタスク A の I/O 処理時間の中で処理できるタスクを探します。

 

A

 

c

c

c

i

i

i

c

c

c

i

i

i

c

c

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

B

 

 

 

 

c

c

i

i

i

i

i

c

c

i

i

c

c

c

 

C

 

 

 

 

c

c

c

i

i

w

c

c

i

i

i

c

c

 

 

D

 

 

 

 

c

c

c

i

i

w

c

c

c

i

w

c

c

c

c

E

 

 

 

 

c

c

c

i

i

i

i

c

c

i

i

i

i

i

c

凡例:c CPUを利用 i I/Oを利用 w WAIT状態

 

よってタスク D との組合せが CPU の遊休時間をゼロにできます。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。