トップ過去問一覧応用情報技術者 平成22年・秋 > 問19
問19

ほとんどのプログラムの大きさがページサイズの半分以下のシステムにおいて,ページサイズを半分にしたときに予想されるものはどれか。ここで,このシステムは主記憶が不足しがちで,多重度やスループットなどはシステム性能の限界で運用しているものとする。

○正解
×不正解

ページサイズが小さくなるので,領域管理などのオーバヘッドが減少する。

ページ内に余裕がなくなるので,ページ置換えによってシステム性能が低下する。

ページ内の無駄な空き領域が減少するので,主記憶不足が緩和される。

ページフォールトの回数が増加するので,システム性能が低下する。

解説

動的メモリ確保についての知識が求められます。仮想記憶との関係に注意しましょう。

 

× ページサイズが小さくなるので,領域管理などのオーバヘッドが減少する。

領域管理のリストが大きくなりオーバヘッドは一般的に増大します。

 

× ページ内に余裕がなくなるので,ページ置換えによってシステム性能が低下する。

ほぼページサイズの半分以下ということなのでページ置換えはほとんど発生しないと考えられます。

 

○ ページ内の無駄な空き領域が減少するので,主記憶不足が緩和される。

正解です。

 

× ページフォールトの回数が増加するので,システム性能が低下する。

主記憶に余裕ができるのでページフォールトは減少すると考えられます。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。