トップ過去問一覧応用情報技術者 平成22年・秋 > 問27
問27

コンピュータグラフィックスに関する記述のうち,適切なものはどれか。

○正解
×不正解

テクスチャマッピングは,すべてのピクセルについて,視線とすべての物体との交点を計算し,その中から視点に最も近い交点を選択することによって,隠面消去を行う。

メタボールは,反射・透過方向への視線追跡を行わず,与えられた空間中のデータから輝度を計算する。

ラジオシティ法は,拡散反射面間の相互反射による効果を考慮して拡散反射面の輝度を決める。

レイトレーシング法は,形状が定義された物体の表面に,別に定義された模様を張り付けて画像を作成する。

解説

×テクスチャマッピングは,すべてのピクセルについて,視線とすべての物体との交点を計算し,その中から視点に最も近い交点を選択することによって,隠面消去を行う。

テクスチャマッピングではなく、Zバッファ法の説明です。

 

×メタボールは,反射・透過方向への視線追跡を行わず,与えられた空間中のデータから輝度を計算する。

メタボールではなく、スキャンラインの説明です。

 

×レイトレーシング法は,形状が定義された物体の表面に,別に定義された模様を張り付けて画像を作成する。

レイトレーシングではなく、テクスチャマッピングの説明です。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。