トップ過去問一覧応用情報技術者 平成22年・秋 > 問38
問38

セキュリティ対策で利用する CRL に記載されるデータはどれか。

○正解
×不正解

スパムメールの発信元及びメールの不正中継を行うドメインの名前

ディジタル証明書の有効期間内に認証局の廃止などによって失効した自己署名証明書及び相互認証証明書

有効期間内に失効したディジタル証明書のシリアル番号

利用者に対して与えられた情報資源へのアクセス権限リスト

解説

CRL (Certificate Revocation List)

・ 発行者(通常CA)の署名が付きます。

 

OCSP(Online Certificate Status Protocol)

・ CRLの代替

・ 問い合わせに対して、ディジタル証明書の状態を「有効」、「失効」、「不明」のいずれかで返します(署名付)。

 

×利用者に対して与えられた情報資源へのアクセス権限リスト

ACL(Access Control List)のことです。

 

×スパムメールの発信元及びメールの不正中継を行うドメインの名前

DNSBL(DNSブラックリスト)関係の話です。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。