トップ過去問一覧応用情報技術者 平成22年・秋 > 問39
問39

ソーシャルエンジニアリングに分類される手口はどれか。

○正解
×不正解

ウイルス感染で自動作成されたバックドアからシステムに侵入する。

システム管理者などを装い,利用者に問い合わせてパスワードを取得する。

総当たり攻撃ツールを用いてパスワードを解析する。

バッファオーバフローなどのソフトウェアの脆(ぜい)弱性を利用してシステムに侵入する。

解説

ソーシャルエンジニアリングは、人に対する攻撃であり、電話等で人を騙して機密情報などを得る手法です。

 

× ウイルス感染で自動作成されたバックドアからシステムに侵入する。

× 総当たり攻撃ツールを用いてパスワードを解析する。

× バッファオーバフローなどのソフトウェアの脆(ぜい)弱性を利用してシステムに侵入する。

上記のようなコンピュータに対する技術的な攻撃はソーシャルエンジニアリングではありません。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。