トップ過去問一覧応用情報技術者 平成22年・秋 > 問40
問40

公開鍵暗号方式に関する記述のうち,適切なものはどれか。

○正解
×不正解

AES は,NIST が公募した公開鍵暗号方式である。

RSA は,素因数分解の計算の困難さを利用した公開鍵暗号方式である。

公開鍵暗号方式では利用者の数が増えると秘密鍵の配送先が増加する。

通信の秘匿に公開鍵暗号方式を利用する場合は,受信者の復号鍵を公開する。

解説

× AES は,NIST が公募した公開鍵暗号方式である。

AESは共通鍵暗号方式です。

 

× 公開鍵暗号方式では利用者の数が増えると秘密鍵の配送先が増加する。

共通鍵暗号方式の説明です。公開鍵暗号方式では秘密鍵を配送しません。

 

× 通信の秘匿に公開鍵暗号方式を利用する場合は,受信者の復号鍵を公開する。

受信者の復号鍵を公開したら、誰でも復号できてしまいます。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。