トップ過去問一覧応用情報技術者 平成22年・秋 > 問43
問43

Autorun.inf を悪用した USB ワームの説明のうち,適切なものはどれか。

○正解
×不正解

USB 接続可能な IC レコーダは,音声データを取り扱うものなので,USB ワームに感染することはない。

暗号化 USB メモリは,メモリ上のデータが暗号化されているので,USB ワームに感染することはない。

自動実行するワーム自体を USB メモリ内の Autorun.inf ファイルに埋め込む。

特定ワームのファイル名を登録した Autorun.inf ファイルを USB メモリ内の生成する。

解説

Autorun.inf には、USBメモリ接続時に自動実行するプログラムのファイル名などが記述されています。

 

× USB 接続可能な IC レコーダは,音声データを取り扱うものなので,USB ワームに感染することはない。

USBメモリのように使用でき、音声以外のデータを記録できる製品の場合は感染します。

 

× 暗号化 USB メモリは,メモリ上のデータが暗号化されているので,USB ワームに感染することはない。

暗号化 USB メモリといっても、利用時には当然復号されます。そうしたら普通のUSBメモリと変わらないので、USB ワームにも感染します。

 

× 自動実行するワーム自体を USB メモリ内の Autorun.inf ファイルに埋め込む。

Autorun.infには自動実行するワームの位置情報(パスやファイル名)が記述されています。ワーム自体が埋め込まれているわけではありません。

 

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。