トップ過去問一覧応用情報技術者 平成22年・秋 > 問49
問49

特許権に関する記述のうち,適切なものはどれか。

○正解
×不正解

A 社が特許を出願するより前に独自に開発して発売した製品は,A 社の特許権の侵害にはならない。

組込み機器におけるハードウェアは特許権で保護されるが,ソフトウェアは保護されない。

審査を受けて特許権を取得した後に,特許権が無効となることはない。

先行特許と同一の技術であっても,独自に開発した技術であれば特許権の侵害にならない。

解説

○ A 社が特許を出願するより前に独自に開発して発売した製品は,A 社の特許権の侵害にはならない。

出願前に既に製品が発売されているということで、A社の出願内容には新規性がなく、特許権は認められません。よって侵害にはなりません。

 

× 審査を受けて特許権を取得した後に,特許権が無効となることはない。

特許無効審判を請求できるようになっており、その結果、特許が無効になることがあります。

 

× 組込み機器におけるハードウェアは特許権で保護されるが,ソフトウェアは保護されない。

日本の特許法においてソフトウェア特許が認められるには「ソフトウェアによる情報処理がハードウェア資源を用いて具体的に実現されている」ことが要件になります。要件を満たしていれば特許権で保護される可能性があります。

 

× 先行特許と同一の技術であっても,独自に開発した技術であれば特許権の侵害にならない。

独自に開発した技術であっても特許権の侵害になります。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。