トップ過去問一覧応用情報技術者 平成22年・秋 > 問51
問51

工程別の生産性が次のとき,全体の生産性を表す式はどれか。

 

設計工程: X ステップ/人月

製造工程: Y ステップ/人月

試験工程: Z ステップ/人月

○正解
×不正解

解説

全体の生産性は、プログラムのステップ数/全体の工数で求まります。プログラムのステップ数がSであると仮定すると、各工程を完了するのに要する工数は、以下のとおり求まります。

 

設計工程: S/X 人月

製造工程: S/Y 人月

試験工程: S/Z 人月

 

全体の工数は、各工程の工数を足して、S/X + S/Y + S/Z 人月となり、以下のとおり全体の生産性が求まります。

 

全体の生産性

= プログラムのステップ数/全体の工数

= S / (S/X + S/Y + S/Z) = 1 /(1/X+ 1/Y + 1/Z)

 

※問題の意図を読み誤ると理解が難しくなります。ステップ数はプログラムの規模を表す値であり、工程ごとに変わるものではありません。「各工程のステップ数を合計すると全体のステップ数になる」というような勘違いをしないように注意しましょう。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。