トップ過去問一覧応用情報技術者 平成22年・秋 > 問53
問53

PMBOK において,マイナスのリスクに対する戦略として用いられる”リスク転嫁”の説明はどれか。

○正解
×不正解

リスクの影響が及ばない代替策を実行する。

リスクの影響や責任の一部又は全部を第三者に移す。

リスクの発生確率や影響度を許容可能なレベルに抑えるための対応策を実行する。

リスクへの具体的な対応策は事前に設定せず,リスクが発生した時点で対処するために費用や時間の余裕をもっておく。

解説

PMBOK(Project Management Body Of Knowledge) のリスクマネジメントに関する問題です。

 

○ リスクの影響や責任の一部又は全部を第三者に移す。

典型的な例が保険です。

 

× リスクの影響が及ばない代替策を実行する。

リスク回避の説明です。

 

× リスクの発生確率や影響度を許容可能なレベルに抑えるための対応策を実行する。

リスク低減の説明です。

 

× リスクへの具体的な対応策は事前に設定せず,リスクが発生した時点で対処するために費用や時間の余裕をもっておく。

リスク受容の説明です。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。