トップ過去問一覧応用情報技術者 平成22年・秋 > 問54
問54

ソフトウェア開発の見積りに使われるファンクションポイント法に関する記述として,適切なものはどれか。

○正解
×不正解

ソースプログラムの行数を基準に,アルゴリズムの複雑さを加味して,ソフトウェアの開発期間を見積もる。

ソフトウェアの規模を基準に,影響要因を表す補正係数を使って,ソフトウェアの開発工数とコストを見積もる。

単位規模あたりの潜在バグ数を予測することによって,ソフトウェアの品質を見積もる。

帳簿数,画面数,ファイル数などのデータを基に,システム特性を考慮して,ソフトウェアの規模を見積もる。

解説

× 単位規模あたりの潜在バグ数を予測することによって,ソフトウェアの品質を見積もる。

ファンクションポイント法はソフトウェアの規模を見積もるための手法です。品質を見積もるわけではありません。

 

× ソースプログラムの行数を基準に,アルゴリズムの複雑さを加味して,ソフトウェアの開発期間を見積もる。

LOC(Line Of Code)法の説明です。

 

× ソフトウェアの規模を基準に,影響要因を表す補正係数を使って,ソフトウェアの開発工数とコストを見積もる。

COCOMOIIの説明です。規模はファンクションポイント法などで見積もります。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。