トップ過去問一覧応用情報技術者 平成22年・秋 > 問55
問55

システムの開発部門と運用部門が別々に組織化されているとき,開発から運用への移行を円滑かつ効果的に進めるための方法のうち,適切なものはどれか。

○正解
×不正解

運用テストの完了後に,開発部門がシステム仕様と運用方法を運用部門に説明する。

運用テストは,開発部門の支援を受けずに,運用部門だけで実施する。

運用部門からもシステム開発に積極的に参加し,運用性の観点から助言する。

開発部門は運用テストを実施して,運用マニュアルを作成し,運用部門に引き渡す。

解説

○ 運用部門からもシステム開発に積極的に参加し,運用性の観点から助言する。

運用部門もシステム開発にかかわることでシステムへの理解が深まるとともに、開発部門との連絡体制も整います。

 

× 運用テストの完了後に,開発部門がシステム仕様と運用方法を運用部門に説明する。

運用方法が分からないのに運用テストはできません。説明はもっと早い段階ですべきです。

 

× 運用テストは,開発部門の支援を受けずに,運用部門だけで実施する。

移行を円滑に行うためには、両部門の協力が不可欠です。

 

× 開発部門は運用テストを実施して,運用マニュアルを作成し,運用部門に引き渡す。

運用テストは運用部門中心で行います。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。