トップ過去問一覧応用情報技術者 平成22年・秋 > 問62
問62

対象業務を,データ構造に着目して可視化するとき,データを実体,関連,属性という三つの要素でモデル化する表記法はどれか。

○正解
×不正解

DFD

E-R 図

状態遷移図

流れ図

解説

実体、関連、属性の3要素でデータ構造を表現するのはE-R図です。

 

× DFD(データフロー図)

データの流れを表す図です。プロセス、データフロー、データストアから構成されます。要件定義などで使われます。

 

× 状態遷移図

状態間の遷移を矢印で表した図です。

 

× 流れ図(フローチャート)

プログラムの処理の流れなどを表した図です。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。