トップ過去問一覧応用情報技術者 平成22年・秋 > 問68
問68

観測データを類似性によって集団や群に分類し,その特徴となる要因を分析する手法はどれか。

○正解
×不正解

クラスタ分析法

指数平滑法

デルファイ法

モンテカルロ法

解説

× デルファイ法

”専門家にアンケートを何度か繰り返し、その結果をフィードバックして意見を収束させる”手法です。アンケートは匿名であるため、各専門家の地位や上下関係による影響を排除できる利点があります。未来の出来事の予測などに使われます。

 

× モンテカルロ法

確率とは関係のない問題を、確率を使って解く手法です。乱数を用いたシュミレーションを行います。よく例として挙げられているのは、確率を使って円の面積を求める方法です。

 

× 指数平滑法

時系列データを基に未来を予測する手法です(例.これまでの販売実績から来月の販売数を予測する)。予測値を計算する上で、より最近のデータにより大きな重みをおきます。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。