トップ過去問一覧応用情報技術者 平成22年・秋 > 問7
問7

正の整数 M に対して,次の二つの流れ図に示すアルゴリズムを実行したとき,結果 x の値が等しくなるようにしたい。a に入れる条件として,適切なものはどれか。

○正解
×不正解

n < M

n > M ー 1

n > M

n > M + 1

解説

M に具体的な数字を入れて考えてみましょう。

M=5 として左の流れ図を追ってみると

x=1 n=5 x=1×5=5

x=5 n=4 x=5×4=20

x=20 n=3 x=20×3=60

・・・・・・

のように M! (5×4×3×2×1) ということがわかります。右の流れ図は

x=1 n=1 x=1×1=1 n=n+1

x=1 n=2 x=1×2=2 n=n+1

x=2 n=3 x=2×3=15 n=n+1

・・・・・・

のように左の流れ図とは逆の順序で計算しています。答えを同じにするには n に 1 を加えた時点で M(この例でいう 5) を超えていたら終了すれば良いことがわかります。よって n > M が正解になります。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。