トップ過去問一覧応用情報技術者 平成22年・秋 > 問80
問80

A 社は,B 社に委託して開発したハードウェアに,C 社が開発して販売したソフトウェアパッケージを購入して実装し,組込み機器を製造した。A 社はこの機器を自社製品として出荷した。小売店の D 社は,この製品を仕入れて販売した。ソフトウェアパッケージに含まれていた欠陥が原因で,利用者が損害を受けたとき,製造物責任法( PL 法)上の責任を負うのはだれか。ここで,A 社,B 社,C 社,D 社及び損害を受けた利用者はすべて日本国内の法人又は個人とする。

○正解
×不正解

機器を製造し出荷した A 社が責任を負う。

ソフトウェアを開発し販売した C 社が責任を負う。

ハードウェアを開発した B 社が責任を負う。

販売した D 社が責任を負う。

解説

製造物責任法( PL 法)上の責任を負うのは、製造者(メーカー)であるA社です。A社は被害を被った利用者に対して賠償責任を負います。C社は、PL 法上の責任は負いませんがA社に対する賠償責任が発生する可能性があります。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。