トップ過去問一覧応用情報技術者 平成22年・秋 > 問9
問9

動作クロック周波数が 700 MHz の CPU で,命令の実行に必要なクロック数及びその命令の出現率が表に示す値である場合,この CPU の性能は約何 MIPS か。

命令の種別

命令実行に必要なクロック数

出現率(%)

レジスタ間演算

4

30

メモリ・レジスタ間演算

8

60

無条件分岐

10

10

○正解
×不正解

10

50

70

100

解説

MIPS は Million Instructions Per Second なので 1 秒あたりの命令実行数(単位 100 万)を指します。具体的に命令数 100 とした場合の必要クロック数を考えてみると分かりやすいでしょう。

 

命令の種別

必要クロック数

出現率

100命令

レジスタ間演算

4

30

120

メモリ・レジスタ間演算

8

60

480

無条件分岐

10

10

100

 

以上より 100 命令には 700 Hz 必要になります。動作クロック周波数が 700 MHz なので 100 MMIPS になります。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。