トップ過去問一覧基本情報技術者 平成22年・秋 > 問12
問12

キャッシュメモリに関する記述のうち,適切なものはどれか。

○正解
×不正解

書込み命令を実行したときに,キャッシュメモリと主記憶の両方を書き換える方式と,キャッシュメモリだけを書き換えておき,主記憶の書換えはキャッシュメモリから当該データが追い出されるときに行う方式とがある。

キャッシュメモリにヒットしない場合に割込みが生じ,プログラムによって主記憶からキャッシュメモリにデータが転送される。

キャッシュメモリは,実記憶と仮想記憶とのメモリ容量の差を埋めるために採用される。

半導体メモリのアクセス速度の向上が著しいので,キャッシュメモリの必要性は減っている。

解説

○書込み命令を実行したときに,キャッシュメモリと主記憶の両方を書き換える方式と,キャッシュメモリだけを書き換えておき,主記憶の書換えはキャッシュメモリから当該データが追い出されるときに行う方式とがある。

前者をライトスルー、後者をライトバックと言います。

 

×キャッシュメモリにヒットしない場合に割込みが生じ,プログラムによって主記憶からキャッシュメモリにデータが転送される。

キャッシュメモリにヒットしない(キャッシュミス)時に割込みは発生しません。また、データ転送処理はプロセッサ等が行い、プログラム(OSやアプリケーション)レベルで行うものではありません。

 

×キャッシュメモリは,実記憶と仮想記憶のメモリ容量の差を埋めるために採用される。

上記の目的には、主にハードディスクが採用されます。キャッシュメモリは、メモリとプロセッサの速度差を埋めるためのものです。

 

×半導体メモリのアクセス速度の向上が著しいので,キャッシュメモリの必要性は減っている。

CPUも高速化しており、メモリがCPUに比べて低速であることに変わりはないため、キャッシュメモリの必要性は減っていません。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。