トップ過去問一覧基本情報技術者 平成22年・秋 > 問17
問17

システムが時間とともに図のような故障と回復を繰り返した。このとき,RASISの信頼性(Reliability)と可用性(Availability)を表す指標の組合せとして,適切なものはどれか。ここで,とする。

 

○正解
×不正解

信頼性:T 可用性:S

信頼性:T 可用性:T/(T+S)

信頼性:T+S 可用性:S

信頼性:T+S 可用性:T/(T+S)

解説

↓式の意味

意味

故障するまでの平均時間

⇒ MTBF(平均故障間隔)

修理にかかる平均時間

⇒ MTTR(平均修理時間)

 

「信頼性の尺度」

⇒ 故障のしにくさ

MTBF(平均故障間隔)= T

 

「可用性の尺度」

⇒ 利用可能な確率

稼働率 =  MTBF/(MTBF + MTTR) = T/(T + S)

 

(補足)「RASIS」

Reliability:信頼性

Availability:可用性

Serviceablity:保守性

Integerity:完全性

Security:機密性

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。