トップ過去問一覧基本情報技術者 平成22年・秋 > 問20
問20

2台のCPUからなるシステムがあり,使用中ではないCPUは実効要求のあったタスクに割り当てられるようになっている。このシステムで,二つのタスクA,Bを実行する際,それらのタスクは共通の資源Rを排他的に使用する。それぞれのタスクA,BのCPU使用時間,資源Rの使用時間と実行順序は図に示すとおりである。二つのタスクの実行を同時に開始した場合,二つのタスクの処理が完了するまでの時間は何ミリ秒か。ここで,タスクA,Bを開始した時点では,CPU,資源Rともに空いているものとする。

 

○正解
×不正解

120

140

150

200

解説

下図はタスクAおよびBの実行状況を表しています。「排他的に使用」とは、同時に一つタスクしか資源Rを使用できないことを意味します。

 

 
  • 0-10ミリ秒
    CPUが2台あるため、タスクAとタスクBを同時に実行できます。
  • 40-60ミリ秒
    タスクAが資源Rを使用中のため、タスクBは待たされます。

 ※2010/12/24 解説を修正しました

タスクAがCPUを使用中にタスクBが待たされると記述しておりましたが、CPUは2台あるため待たされることはありません。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。