トップ過去問一覧基本情報技術者 平成22年・秋 > 問22
問22

コンパイラによる最適化の主な目的はどれか。

○正解
×不正解

プログラムの実行時間を短縮する。

プログラムのデバッグを容易にする。

プログラムの保守性を改善する。

目的プログラムを生成する時間を短縮する。

解説

コンパイラによる最適化の目的は主に以下の2つです。

  • 実行速度の最適化
  • 実行ファイルのサイズの最適化

×プログラムのデバッグを容易にする。

最適化された実行ファイルは、もとのソースコードと実行内容が一致しなくなるので、ソースコードの一行単位でデバッグすることが難しくなります。よって、デバッグ時は通常、最適化を無効にします。

 

×プログラムの保守性を改善する。

最適化されたプログラムは解析にしくくなるので保守性は落ちます。

 

×目的プログラムを生成する時間を短縮する。

生成する時間は最適化処理をする分、長くなります。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。