トップ過去問一覧基本情報技術者 平成22年・秋 > 問23
問23

プログラムの静的解析ツールで検出できるものはどれか。

○正解
×不正解

関数ごとの実行処理時間

後に使用されない変数への代入

プログラム仕様に対応する処理の記述漏れ

用意したテストケースでは実行されなかった命令

解説

静的解析ツールは、コンパイル前にプログラムのソースコードを解析し、検出した問題などをツール利用者に通知します。プログラムを動かすことなく、解析を行うため静的解析ツールと呼ばれます。

 

○後に使用されない変数への代入

ソースコードを解析すれば分かります。

 

×関数ごとの実行処理時間

×用意したテストケースでは実行されなかった命令

×プログラム仕様に対応する処理の記述漏れ

これらはプログラムを動かしてテストしないと分かりません。テストツールに含まれる機能です。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。