トップ過去問一覧基本情報技術者 平成22年・秋 > 問27
問27

使用性(ユーザビリティ)の規格(JIS Z 8521)では,使用性を,“ある製品が,指定された利用者によって,指定された利用の状況下で,指定された目的を達成するために用いられる際の,有効さ,効率及び利用者の満足度の度合い”と定義している。この定義中の“利用者の満足度”を評価するのに適した方法はどれか。

○正解
×不正解

インタビュー法

ヒューリスティック評価

ユーザビリティテスト

ログデータ分析法

解説

○インタビュー法

満足度を知るにはやはり直接聞く必要があります。

 

×ヒューリスティック評価

過去の経験則などを基に定義されたガイドラインに沿って評価する手法です。ニールセンのユーザビリティ10原則が有名です。直接ユーザがシステムを使うわけではないので満足度は分かりません。

 

×ユーザビリティテスト

実際にユーザに使ってもらい、使いやすさを評価します。満足度を知るにはその後にインタビューを行います。

 

×ログデータ分析法

ログデータからユーザの満足度を知るのは難しいです。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。