トップ過去問一覧基本情報技術者 平成22年・秋 > 問29
問29

次の“受注台帳”表を“注文”表と“顧客”表に分解し,第3正規形にしたとき,両方に必要な属性はどれか。ここで,送付先と支払方法は注文ごとに決めるものとする。また,表の下線は主キーを表す。

 

受注台帳(注文番号,注文年月日,顧客ID,顧客名,顧客住所,品目,数量,

             送付先,支払方法,受注金額)

○正解
×不正解

顧客ID

顧客名

支払方法

注文番号

解説

「関数従属性」

  • 顧客IDが決まると、顧客名と顧客住所は決まります。この関係を「顧客名と顧客住所は、顧客IDに関数従属する」と言います。

「第3正規形」

  • 主キー以外の属性に関数従属している属性を別表に分離します。
  • 顧客名と顧客住所は、主キーではない顧客IDに関数従属しているので、これらを別表に分離します。顧客IDは分離した表ともとの表の両方に必要です。

上記より、第3正規形は下記のとおりです。

受注台帳(注文番号,注文年月日,顧客ID,品目,数量,送付先,支払方法,受注金額)

顧客表(顧客ID,顧客名,顧客住所)

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。