トップ過去問一覧基本情報技術者 平成22年・秋 > 問32
問32

データベースのアクセス効率を低下させないために,定期的に実施する処理はどれか。

○正解
×不正解

再編成

データベースダンプ

バックアップ

ロールバック

解説

○再編成

”データベースへのデータの追加,削除,更新が繰り返され,データベースの格納効率が低下したときに行う。”(過去問題より引用)

 

×データベースダンプ

データベースの内容をファイルに書き出すことです。バックアップ目的などで行います。

 

×バックアップ

障害等に備えてデータを別に保存しておくことです。

 

×ロールバック

データベースの内容をトランザクション開始前の状態に戻すことです。トランザクションを途中で中止する時などに行います。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。