トップ過去問一覧基本情報技術者 平成22年・秋 > 問33
問33

関係データベース”注文”表の”顧客番号”は”顧客”表の主キー”顧客番号”に対応する外部キーである。このとき,参照の整合性を損なうデータ操作はどれか。ここで,ア~エの記述におけるデータの並びは,それぞれの表の列の並びと同順とする。

 

○正解
×不正解

”顧客”表の行 L035宮崎 を削除する。

”注文”表に行 0005D010 を追加する。

”注文”表に行 0006F020 を追加する。

”注文”表の行 0002K001 を削除する。

解説

「注文表の顧客番号が、顧客表の顧客番号に対する外部キーである」とは…

  • 注文表の顧客番号が、顧客表の顧客番号を参照していることを意味します。
  • 顧客表の顧客番号に存在しない値を、注文表の顧客番号に設定することはできません。

○”注文”表に行 0006F020 を追加する。

”F020”という”顧客番号”は、”顧客”表に存在しないので追加できません。

 


無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。