トップ過去問一覧基本情報技術者 平成22年・秋 > 問41
問41

手順に示す電子メールの送受信によって得られるセキュリティ上の効果はどれか。

 

[手順]

  1. 送信者は,電子メールの本文を共通鍵暗号方式で暗号化し(暗号文),その共通鍵を受信者の公開鍵を用いて公開鍵暗号方式で暗号化する(共通鍵の暗号化データ)。
  2. 送信者は,暗号文と共通鍵の暗号化データを電子メールで送信する。
  3. 受信者は,受信した電子メールから取り出した共通鍵の暗号化データを,自分の秘密鍵を用いて公開鍵暗号方式で復号し,得た共通鍵で暗号文を復号する。
○正解
×不正解

送信者による電子メールの送達確認

送信者のなりすましの検出

電子メールの本文の改ざんの有無の検出

電子メールの本文の内容の漏えいの防止

解説

○電子メールの本文の内容の漏えいの防止

電子メールを復号するための共通鍵は、公開鍵によって暗号化されています。よって、対応する秘密鍵の所有者のみが、共通鍵を復号でき、しいては電子メールを復号できます。この暗号化により、盗聴されても内容の漏えいを防止できます。

 

「ハイブリッド暗号方式の利点(高速化)」

⇒このように共通鍵暗号と公開鍵暗号を組み合わせて利用することをハイブリッド暗号方式と言います。大容量になりがちなコンテンツ(電子メール本文)を高速な共通鍵暗号で暗号化し、公開鍵暗号で暗号化するのは共通鍵のみとすることで、暗号化速度を高速化できます。

 

×送信者のなりすましの検出

×電子メールの本文の改ざんの有無の検出

改ざん、なりすましを検出するにはディジタル署名を使います。

 

×送信者による電子メールの送達確認

メールを受け取った後に返事を返しているわけではないので送達確認にはなりません。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。