トップ過去問一覧基本情報技術者 平成22年・秋 > 問42
問42

災害を想定した事業継続計画(BCP)を策定する場合に行うビジネスインパクト分析での実施事項はどれか。

○正解
×不正解

BCPの有効性を検証するためのテストを実施する。

許容される最大停止時間を決定する。

代替手順や復旧手順について関係者を集め教育する。

内外の環境の変化を踏まえBCPの内容を見直す。

解説

「BCP(Business Continuity Plan:事業継続計画)」

⇒災害発生時などの不測の事態においても事業を継続するための計画です。

 

「ビジネスインパクト分析」

⇒業務が停止した時の影響などを分析し、その結果をもとに最大許容停止時間などを決定する。

 

「BCPのPDCA」

①計画(Plan)

○許容される最大停止時間を決定する。

 

②実施(Do)

×代替手順や復旧手順について関係者を集め教育する。

 

③評価(Check)

×BCPの有効性を検証するためのテストを実施する。

 

④見直し(Action)

×内外の環境の変化を踏まえBCPの内容を見直す。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。