トップ過去問一覧基本情報技術者 平成22年・秋 > 問48
問48

ブラックボックステストにおけるテストケースの設計方法として,適切なものはどれか。

○正解
×不正解

プログラム仕様書の作成又はコーディングが終了した段階で,仕様書やソースリストを参照して,テストケースを設計する。

プログラムの機能仕様やインタフェースの仕様に基づき,テストケースを設計する。

プログラムの処理手順,すなわちロジック経路に基づき,テストケースを設計する。

プログラムのすべての条件判定で,真と偽をそれぞれ1回以上実行させることを基準に,テストケースを設計する。

解説

ブラックボックステストは、テスト対象の機能やプログラムを中身が見えないブラックボックスとして扱い、どのように実装されているか(How)には関知せず、どういう機能なのか(What)に着目して行うテストです。例えば、関数であれば、ある入力に対して仕様どおりの出力が返されるかをテストします。

 

×プログラムの処理手順,すなわちロジック経路に基づき,テストケースを設計する。

ホワイトボックステストの説明です。

 

×プログラムのすべての条件判定で,真と偽をそれぞれ1回以上実行させることを基準に,テストケースを設計する。

ホワイトボックステストの分岐網羅の説明です。

 

×プログラム仕様書の作成又はコーディングが終了した段階で,仕様書やソースリストを参照して,テストケースを設計する。

ホワイトボックステストの説明です。ブラックボックステストの場合、プログラムの処理手順を記載したプログラム仕様書やソースコードは必要ありません。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。