トップ過去問一覧基本情報技術者 平成22年・秋 > 問58
問58

システム監査におけるヒアリングを実施する際に,システム監査人の対処として,適切なものはどれか。

○正解
×不正解

ヒアリングの結果,調査対象の現状に問題があると判断した場合は,その調査対象のあるべき姿について被監査部門の専門的な相談に応じる。

ヒアリングの結果,問題と思われる事項を発見した場合は,その裏付けとなる記録の入手や現場確認を行う。

ヒアリングを行っている際に,被監査部門との間で見解の相違が生じた場合は,相手が納得するまで十分に議論を行う。

被監査部門のヒアリング対象者が複数の場合は,職制上の上位者から集中的に話を聞く。

解説

○ヒアリングの結果,問題と思われる事項を発見した場合は,その裏付けとなる記録の入手や現場確認を行う。

問題事項の裏付けとなる記録を監査証跡と言います。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。