トップ過去問一覧基本情報技術者 平成22年・秋 > 問71
問71

XBRLを説明したものはどれか。

○正解
×不正解

インターネットのホームページにおける画像,音声,ビデオなどを含むページを表現できるページ記述言語である。

テキストや画像だけでなく,レイアウトやフォントの情報などもファイルに収めることができる文書表示用のフォーマットである。

当初は小型コンピュータ用に開発された,様々な帳票を簡単に作成することを主たる目的としたプログラム言語である。

文書情報やデータの構造を記述するためのマークアップ言語であるXMLを,財務情報の交換に応用したデータ記述言語である。

解説

「XBRL(eXtensible Business Reporting Language)」

⇒”財務報告用の情報の作成・流通・利用ができるように標準化した規約であり、適用業務パッケージやプラットフォームに依存せずに財務情報の利用が可能となる。”(過去問より引用)

 

×インターネットのホームページにおける画像,音声,ビデオなどを含むページを表現できるページ記述言語である。

HTMLです。

 

×テキストや画像だけでなく,レイアウトやフォントの情報などもファイルに収めることができる文書表示用のフォーマットである。

PDFです。

×当初は小型コンピュータ用に開発された,様々な帳票を簡単に作成することを主たる目的としたプログラム言語である。

COBOLのことだと思われます。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。