トップ過去問一覧基本情報技術者 平成22年・秋 > 問79
問79

A社がシステム開発を行うに当たり,外部業者B社を利用する場合の契約に関する記述のうち,適切なものはどれか。

○正解
×不正解

委任契約ではB社に成果物の完成責任がないので,A社がB社の従業員に対して直接指揮命令権を行使する。

請負契約によるシステム開発では,特に契約に定めない限り,開発されたプログラムの著作権はB社に帰属する。

請負契約,派遣契約によらず,いずれの場合のシステム開発でも,B社にはシステムの完成責任がある。

派遣契約では,開発されたプログラムに重大な欠陥が発生した場合,B社に瑕疵(かし)担保責任がある。

解説

×委任契約ではB社に成果物の完成責任がないので,A社がB社の従業員に対して直接指揮命令権を行使する。

派遣契約ではないので、A社がB社の従業員に対して直接指揮命令権を行使することはできません。

 

×請負契約,派遣契約によらず,いずれの場合のシステム開発でも,B社にはシステムの完成責任がある。

派遣契約ではB社にシステムの完成責任はありません。

 

×派遣契約では,開発されたプログラムに重大な欠陥が発生した場合,B社に瑕疵(かし)担保責任がある。

B社に瑕疵(かし)担保責任が発生するのは請負契約の場合です。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。