トップ過去問一覧ITパスポート 平成22年・秋 > 問22
問22

CSRの説明として,最も適切なものはどれか。

○正解
×不正解

企業が他者の経営の仕方や業務プロセスを分析し,優れた点を学び,取り入れようとする手法

企業活動において経済的成長だけでなく,環境や社会からの要請に対し,責任を果たすことが,企業価値の向上につながるという考え方

企業の経営者が持つ権力が正しく行使されるように経営者を牽(けん)制する制度

他社が真似の出来ない自社ならではの価値を提供する技術やスキルなど,企業の中核となる能力

解説

○企業活動において経済的成長だけでなく,環境や社会からの要請に対し,責任を果たすことが,企業価値の向上につながるという考え方

CSR(Corporate Social Responsiblity:企業の社会的責任)です。企業の活動と利害関係を持つ者をステークホルダー(利害関係者)と呼びます。

 

×企業が他者の経営の仕方や業務プロセスを分析し,優れた点を学び,取り入れようとする手法

ベンチマーキングです。

 

×他社が真似の出来ない自社ならではの価値を提供する技術やスキルなど,企業の中核となる能力

コアコンピタンスです。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。