トップ過去問一覧ITパスポート 平成22年・秋 > 問23
問23

A作業,B作業,C作業からなる図のような業務プロセスがある。情報システムを導入することで改善が実現できるとき,製品を1個製造するために必要な作業工数は改善前に比べて何%削減されるか。ここで,図の矢印は作業順序を表し,作業工数は要員数×作業時間で計算する。

 

 

[改善前]

  • 各作業の要員数は10名
  • 製品1個当たりの所要作業時間は,A作業は3時間,B作業は3時間,C作業は4時間である。

[改善後]

  • A作業に必要な要員数が半分になる。
  • C作業の製品1個当たりの所要作業時間が半分になる。
○正解
×不正解

15

20

30

35

解説

作業工数は要員数×作業時間で求められることから、改善前と改善後の工数は下記表のようになります。

  改善前 改善後
A作業の工数 3×10=30 3×5=15
B作業の工数 3×10=30 3×10=30
C作業の工数 4×10=40 2×10=20
合計の工数 100 65

 

削減工数

=改善前工数-改善後工数

=100-65=35人時間

 

削減割合

=削減工数÷改善前工数

=35÷100=35%

 

 

(補足)「工数の単位について」

この問題の工数の単位は、人・時間(人数×作業時間)です。システム開発の工数見積りでは、人・月(人数×作業月数)がよく用いられます。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。