トップ過去問一覧ITパスポート 平成22年・秋 > 問25
問25

ERPの説明として,最も適切なものはどれか。

○正解
×不正解

経営資源の有効活用の観点から企業活動全般を統合的に管理し,業務を横断的に連携させることによって経営資源の最適化と経営の効率化を図る。

現行のビジネスプロセスを見直し,仕事の流れややり方だけではなく,組織の構造や管理体制なども革新して,パフォーマンスの向上を図る。

顧客に関する情報をデータベース化し,顧客接点となる全部門が共有することによって,顧客への対応の迅速化を促進し,顧客との良好な関係構築を図る。

従業員の創造性,行動能力や知恵,データベース上に蓄積された知識や情報をばらばらなものとしてではなく,結合した経営資源として活用を図る。

解説

○経営資源の有効活用の観点から企業活動全般を統合的に管理し,業務を横断的に連携させることによって経営資源の最適化と経営の効率化を図る。

ERP(Enterprise Resource Planning:企業資源計画)です。

 

×現行のビジネスプロセスを見直し,仕事の流れややり方だけではなく,組織の構造や管理体制なども革新して,パフォーマンスの向上を図る。

BPR(Business Process Reengineering:ビジネスプロセス・リエンジニアリング)です。

 

×顧客に関する情報をデータベース化し,顧客接点となる全部門が共有することによって,顧客への対応の迅速化を促進し,顧客との良好な関係構築を図る。

CRM(Customer Relationship Management:顧客関係管理)です。

 

×従業員の創造性,行動能力や知恵,データベース上に蓄積された知識や情報をばらばらなものとしてではなく,結合した経営資源として活用を図る。

KM(Knownledge Management:ナレッジマネジメント)です。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。