トップ過去問一覧ITパスポート 平成22年・秋 > 問28
問28

別段の取り決めがない請負契約の場合,民法に基づき,当事者である注文者又は請負人に課せられている義務のうち,適切なものはどれか。

○正解
×不正解

請負人は,請け負った仕事を完成させる。

請負人は,請け負ったすべての仕事を自ら行う。

請負人は,仕事の完成後,その仕事に起因して発生した欠陥に対して恒久的に責任を負う。

注文者は,仕事に掛かる費用を請負人に前払いする。

解説

○請負人は,請け負った仕事を完成させる。

請負契約では仕事の完成義務があります。委任契約では、善管注意義務があります。

 

×請負人は,請け負ったすべての仕事を自ら行う。

下請として別の会社に発注することもできます。

 

×請負人は,仕事の完成後,その仕事に起因して発生した欠陥に対して恒久的に責任を負う。

契約内容によりますが原則として、責任(瑕疵担保責任)を負う期間は、検収(受け入れテスト)後1年間です。

 

×注文者は,仕事に掛かる費用を請負人に前払いする。

契約によりますが、基本的には検収後に支払います。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。